ブログ

キッチンパネルのダメージが気になる皆さん!リペア方法をご紹介します!2021.04.06

キッチンパネルのダメージが気になる方にぜひ知っていただきたいことがあります。
キッチンパネルはリペアが可能です。
そこで、今回はキッチンパネルのリペア方法について紹介します。

□キッチンパネルのリペア方法を紹介!

最近ではキッチンもおしゃれなデザインのものが増えてきましたよね。
キッチンパネルについても色やデザインがどんどん増えてきています。

しかしキッチンパネルも使っていると傷がついたり、凹んでしまったりする場合があると思います。

キッチンパネルは台所を清潔に保つために、ツルツルでツヤのある表面をしています。

そのため傷や凹みを補修するためには高い技術が必要です。

まず、傷や凹みの周りに養生をします。
キッチンパネルのリペアに関しては最後スプレーで仕上げることが多くあります。
そのため、スプレーが飛び散らないように広く養生をすることが大切です。

次は、下地の処理を行います。
これは傷や凹みを埋めていく前に、パテの密着性をよくしたり、剥がれにくくしたりする処理のことを指します。

下地の処理が終わったら、パテで埋めていきます。
これは凹みや傷を埋める粘土のようなもので、パテで傷や凹みを埋めて平らにします。
パテは乾燥すると少し縮む性質があるため、完全に平らに仕上げるためには、乾燥させて研磨、そしてまたパテを塗るといった作業を繰り返す必要があります。

次にキッチンパネルと補修部分の色を合わせる作業です。
エアブラシやスプレーで塗装をしますが、塗料は濡れている時と乾いた時で色味が変化するため、経験や技術、センスが必要になる工程です。

最後に、キッチンパネルに合うようにツヤを出したら完了です。
正面からはもちろん、斜めからもツヤが合っているか確認します。

□補修の費用相場を紹介!

「キッチンパネルのリペアについて考えているけど、予算が心配だ。」
このようにお考えの方もいらっしゃると思います。

キッチンパネルのリペア費用の相場として、小さな凹みや傷であれば、2万円から3万円ほどである場合が多いです。

もちろん、これは修理内容やそれぞれの業者さんによって価格は異なります。
また穴の大きさや傷の状態によっては、キッチンパネルを交換することやリフォームを勧められることもあるでしょう。

まずはプロの目でダメージを確認してもらうことが大切です。

□まとめ

今回はキッチンパネルのダメージを気にされている方に向けて、リペア方法と費用相場について紹介しました。
本記事を参考に、補修について検討されてはいかがでしょうか。