ブログ

建具の傷でお悩みですか?リペアがおすすめです!2021.04.02

「フローリングや扉を傷つけてしまった。」
「リペアについて詳しく知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、建具の傷のリペア方法や保険について紹介します。

□建具穴のリペア方法を紹介

建具穴リペアの方法にはいくつか種類があります。
これは、建具の素材や作りによって補修の方法が異なるためです。

例えば、賃貸のアパートなどで一般的に使われている単色ポリ合板という素材を補修する場合は、色味を合わせることがポイントになります。

単色ポリ合板には木目や模様といった加工はされていないため、そういった細かい調整は必要ないでしょう。

しかし、穴や傷がひどい場合はパテで表面を平らにしたり、同じ色のスプレーで周囲と色を合わせたり、艶感を調整したりすることがポイントになります。

□補修には火災保険が適用される可能性がある

中には、こういった作業を自分で行ってしまいたいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、既存の建具に合わせて目立たないように補修を行うことは難しい場合が多く、自己流で表面を補修するだけでは、直したことが丸わかりになってしまうことも多いです。

自分で補修に挑戦して失敗してしまうと時間も手間も勿体無いですよね。

自分で直せないかとお考えの方の多くが補修をプロに依頼する費用について不安に感じていらっしゃるのではないでしょうか。

実はこういった建具の補修には火災保険が適用される場合があります。
補修と保険の内容によっては全額保険でまかなえる場合もあるでしょう。

適用例としては次のものが挙げられます。
建具の破損や損傷が「不測かつ突発的な事故」によるものである場合は保険が使える可能性があります。

具体的には、地震で建具が破損してしまったり、子供のいたずらで傷が入ってしまったりという場合が当てはまります。

もちろん、保険の内容によって支払われる条件や金額は様々ですが、もし保険証書の中に含まれている場合は、プロに依頼した補修費用を保険金でまかなえるかもしれませんよ。

ただし、破損や凹みが発生した日時や原因、流れといった詳細な情報を一緒に申請する必要があるため、保険を利用するためには、事故が起こった際に詳細を記録しておくことをおすすめします。

□まとめ

扉や建具の補修にはいくつか方法がありますが、こういった費用に関して、火災保険が適用される可能性があります。
今回紹介したケースに当てはまる場合にはぜひ一度、加入されている保険の規定をチェックしてみてください。