ブログ

リペアをご検討中の皆さん!価格について解説します!2021.01.14

「リペアを依頼したいけれど、価格が分からないから依頼しづらい」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、リペアの価格について目的別、時間別に解説します。
リペアの価格が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

□目的別の価格相場をご紹介

ここでは、リペアの目的別の価格相場を見ていきましょう。
注意点として、下記内容はあくまでも相場という点です。
実際の修理内容や修理範囲の大きさ、依頼をする企業によって料金体系は大きく異なりますので、
注意をしてください。

また相場よりも安い場合は、特に注意が必要です。
その場しのぎの修理や修理内容が簡素化されていることも少なくありませんので、
しっかりと見積もり金額を出してくれる企業であったり、過去の実績が豊富な企業さんにご依頼していただくことをおすすめします。

それでは、実際によくあるリペアの補修相場を見ていきましょう。
今回は3つのよくある修理内容をまとめさせていただいております。

1つ目は、ドア穴のリペアです。
家の中でも特に子供部屋をはじめ、子供がよく使う部屋のドアに穴が開いてしまい悩んでいる方は多いかと思います。
うっかり硬いものがドアに当たってしまって、穴が開いてしまうこともありますよね。

ドアのリペアにかかる費用ですが、3万円台から10万円台といわれております。
凹みなのか、完全な穴なのか、そして傷の大きさはどれくらいなのかによって価格が変動します。

2つ目は、クロスの修理です。
状態にもよりますが、大体2万円台から5万円台でリペアできます。

3つ目は、キッチンパネルの修理です。

大体5万円から10万円ほどでリペアすることができます。
相場に大きな開きがあるのは、リペア費用が傷の数やへこみ、汚れ、修理面積によって違いがでるためです。

上記でご紹介したのは、あくまでも各修理項目の一般的な相場です。
ご自宅にある傷のリペアの見積もりを知りたい方は、リペア内容や状態、箇所数、工法、仕上げによって価格が変わるので、
一度専門の企業さんに相談いただくことをおすすめいたします。

□まとめ

本記事では、リペアの価格について目的別と時間別に分けて解説しました。
相場がわかると、リペアを依頼するかを検討しやすくなりますよね。
当社では、箇所ごとの傷に対して補修料金を設定しており、作業時間に関係なく仕上がりの質を担保しております。
無料で見積もりできるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。