ブログ

火災保険を利用した修理をお考えの方に詐欺を防ぐ方法をご紹介します!2020.12.14

火災保険を利用して修理を検討している方はいませんか。
修理を業者に依頼する時に心配なことの1つに、詐欺に遭わないかどうかが挙げられます。
頻繁に経験することではないため、不安なことも多いですよね。
そこで今回は、火災保険を利用した修理の詐欺を回避する方法について解説します。

□火災保険の補償の対象になるのはどんな被害?

実は、火災保険が補償できる範囲が広いのをご存知ですか。
名称だけでは分かりにくいですが、火事以外にも様々な被害に対応しています。
火災よりも起こる可能性が高いと考えられるものがたくさんあります。
例えば、落雷による被害、暴風や強風による被害、風が原因の飛来物による損害などでしょう。
また、積雪や雪崩などの雪によって引き起こされた被害も対象範囲に入っています。
これは、積雪が多い地域の方には特に心強いのではないでしょうか。
さらに、水災による被害も火災保険によって補償できます。
近年、大規模な台風や豪雨が頻発しているため、洪水や床上浸水、土砂崩れといった多様な被害が想定されますよね。
他には、頻度はあまり高くないかもしれませんが、雹によって受けた被害も対象範囲です。
自然災害ではありませんが、ガス漏れなどによる爆発や破裂も補償される可能性があるでしょう。

□悪徳業者を回避するための方法を紹介

詐欺をすることを企む業者に騙されないようにするにはどんなことに気を付けたら良いでしょうか。
ここでは、詐欺業者の主な手口とそれらに対する対策を解説します。
まずは、詐欺の手口を2つご紹介します。
1つ目は、電話や訪問、チラシによる勧誘です。
その際には甘い言葉を巧みに使うため、注意しましょう。
2つ目は、工事の契約を無理やり結ばせようとするものです。
契約書をよく見ると、サポート費用やキャンセル費用と称した支払いについての条項が潜んでいることがあるでしょう。
次に、詐欺に遭わないようにするための対策方法を解説します。
重要なのは、火災保険の保険金の請求における根拠を明確にすることです。
詐欺業者があいまいにしておきたい部分をつくと、詐欺を働くのを諦めるかもしれません。
また、怪しいと感じたときには保険会社に相談するのも良いでしょう。
しつこい勧誘や実際に高額請求をされた場合は、消費生活センターに相談するのが有効です。
もし、契約してしまった後でも早めにセンターに連絡できれば、クーリング・オフが可能な場合があります。

□まとめ

火災保険を利用した修理の詐欺を回避する方法について解説しました。
詐欺に遭う前に手を打てるように、手口や対策を把握しておきましょう。
ご紹介した情報を参考にしていただけると幸いです。
リペアの技術を身につけるための講座を開いておりますので、興味がありましたらこちらをご覧ください。
http://www.artbrains.jp/how/