ブログ

リペア職人になりたい人必見!資格の種類についてご紹介します!2020.12.10

リペア職人を目指している方はいらっしゃいませんか。
職人に興味はあるけど、何から始めれば良いか分からない方もいらっしゃるでしょう。
リペア職人を目指す方は、まず方向性を決め、その後取得する資格を検討することをおすすめします。
今回は、リペア職人を目指す方向けに資格の種類をご紹介します。

□リペア職人になるためには?

リペア職人とは、傷やひびが入ったものに必要な修理を施すプロを指します。
リペア職人は、木質のフローリングや柱、大理石の床、F R Pの浴槽などさまざまな建材の傷を修復でき、長く使用されたものを生かしながら、それに新たな価値を見出します。
修理は買い替えよりも費用が抑えられることもあり、リペア職人の需要は高いと言えるでしょう。
また、リペア職人は住宅メーカーや不動産管理会社、個人向けに業務することが多いです。
リペア職人になるためには、美的センスや手先の器用さに加えて、建材に関する知識が必要とされますが、必ずしも全ての建材の知識を持っている必要はありません。
例えば、1つの建材への知識を極め、それを専門にしている職人もいます。
いずれにせよ、リペア業者には高い技術力が求められます。
講習や講座の受講に加えて、ベテラン職人に弟子入りして実践的な技術を身につけましょう。
職人を目指す上で大事なポイントは、自分がどんな職人になりたいのか、どんな技術を身につけたいのかを常に意識することです。
方向性を決めておくことで、目標に向けて着実に技術を習得でき、さらに自分にしかない技術を見つけることでプライドが生まれます。

□リペア職人の資格とは?

リペア職人の資格のうち、ここでは2つをご紹介します。

*ウッドリペアマイスター

ウッドリペアマイスターとは、住宅の木部の傷を修復するための資格を指します。
この資格は特に工務店やリフォーム店で働く方におすすめです。
例えば、資材を搬入する際に住宅の木部に傷をつけてしまうことがありますが、ウッドリペアマイスターの資格を持っているとその傷を修復できます。

*アルミリペアマイスター

アルミリペアマイスターは、アルミ素材の傷を修復するための資格です。
よく見るアルミサッシの引っかき傷や打痕キズを補修できるようになります。
木部の補修には自信があるけど、アルミの補修は経験が少なく自信がないという方には、特におすすめします。

□まとめ

リペア職人を目指している方向けに、資格の種類をご紹介しました。
資格を取得していると、ご自身の自信につながるだけでなく、クライアントからの信頼も得られるでしょう。
当社では、リペア技術を身につけたい方向けに講座を開いております。
興味のある方は、以下のサイトをご確認ください。
http://www.artbrains.jp/how/