ブログ

ペットとお暮らしの皆さん!部分補修について解説します!2021.02.10

ペットと一緒にお住まいの方で、ペットに壊された家の一部を補修したいとお考えの方はいませんか。
ペットにつけられた家の傷は部分補修で綺麗になりますが、再度傷を付けられる可能性があります。
ですので、補修時に壁の素材を工夫することで対処できます。
今回は部分補修するときに、壁選びで気を付けるポイントを解説します。

□ペットがいる家庭に最適な壁を紹介

ペットがいる家庭の壁の選び方には、4つのポイントがあります。

1つ目は傷が付きにくいことです。
犬や猫を飼っている人にとっては壁に傷が付くことは良くあることではないでしょうか。
そこで、壁紙を選ぶ際は表面強化機能や傷を抑える機能を持った壁紙を選ぶと良いでしょう。

2つ目は汚れにくいかです。
ペットが壁で体を擦る、トイレなどの要因で壁が汚れる場合は汚れに強く掃除が簡単な防汚機能や撥水機能を持った壁紙を選ぶと良いでしょう。
この壁紙はペットの汚れだけでなく、人が汚した油汚れなどの取れにくい汚れにも有効です。

3つ目は臭いを軽減するかです。
ペットの臭いは慣れている家族なら問題ありませんが、臭いに慣れてない人が来客する場合は対策している人がいるでしょう。
こんなお悩がある人は防臭機能がある壁紙を選ぶのが良いです。

4つ目は修復しやすい壁紙です。
いろいろ機能を持った壁紙と言えど傷が付くときはありますので、修復しやすい壁は壁を綺麗に保つのに大事なポイントです。
漆喰や珪藻土などの塗りタイプの壁は一部だけ手を加えられるので、修復が簡単に出来ます。
また、地面から腰ぐらいの高さまでの壁紙を別の壁紙にして定期的に交換することで、キズに対しての抵抗が軽減できるでしょう。

□柱にキズが付かないようにする対策

壁紙は張替が可能ですが、柱はそうではないので対策をする必要があります。
そんな時に有効になるアイテムを2つ紹介します。

1つ目は柱の保護フィルムです。
透明な保護シートを柱に貼ることで、キズが付きにくくなります。
価格も安い物もあるので、手軽に試せるでしょう。

2つ目は猫の爪とぎから壁の角の部分を守るための爪とぎボードです。
ねじやピンで簡単に固定できるものも多いので、試しに使用してはどうでしょうか。

□まとめ

今回はペットがいる家庭におすすめな壁紙と、家にキズが付くのを防止するアイテムを紹介しました。
このように事前に対策をすることである程度はキズを防げますので、後々を考えるとこのような物を使用してはどうでしょうか。
特に人間側も効果も享受できるので、家自体の利便性も高まるでしょう。

当社では家や家具のリペアの技術を会得して、独立開業を目指す方のために講座を開いております。
確かな技術を身に着けることで高収入を目指せます。
興味がある方は下のリンクからアクセスしてみてください。
http://www.artbrains.jp/how/