リペアリフォームスペシャリスト育成講座5月スタート(リペアスクール)

まずは当技法を使った神業リペア事例を
ご自身の目で確かめてください

まずは当技法を使った神業リペア事例をご自身の目で確かめてください。

フローリング傷補修

フローリング

フローリング部分補修

フローリング

建具木目穴補修

建具・扉

建具木目穴ヘコミ補修

建具・扉

フローリング焦げ跡補修

フローリング

キッチンパネル補修

キッチンパネル

無垢テーブルヘコミ補修

テーブル

洗面ボール割れ補修

洗面ボール

クロス部分補修

壁紙クロス

リペアスキル講座(リペアスクール)はハイレベルな技術を教えてもらえるのはもちろん、リペアを学ぶ目的、レベルに合わせて丁寧に対応していただけるところがとても素晴らしいと思っています。

リペアを教えてもらって変化したところは、一番は収入がアップしたところ、その割に時間的なゆとりができたところです。

定時で本当に普通に5万円以上稼げるのが当たり前になってきます。

リペアスキル講座(リペアスクール)は、一流のリペア技術を教えてもらえますが、それと同じくらい大切なマインドセットも教えてもらえるので大変勉強になります。

特に凄いところは、リペアの完成度が高い。私たちの合格ラインは80%以上ですが、加賀原先生はもちろんそれ以上で、毎回魅了されます。

この技法を習得してからは仕事の幅がかなり広がりました。お客様からはリペアの仕上がりに関して、驚かれ、感謝されお金をいただいています。

私は元々IT関連の仕事をずっとやってきました。建築関係とは全く違う世界からこの世界に入りました。もちろん、職人経験ゼロからのスタートでした。50歳を過ぎて未経験分野に飛び込みましたがまるで新入社員になったような挑戦する楽しみがありました。

この講座の凄いところは、唯一無二の神業ともいえる技術も圧巻ですが、その土台としてマインドセットの大切さを学ばせていただきました。そのおかげで今では短時間で驚くべき収入を得ることができています。

何歳になっても挑戦はできる。経験ゼロだってやればできる。技術と共に生きる力を学ぶことができました。

以前はサラリーマンをしており、5年前に襖、障子、網戸の張替えなどの内装業で起業しました。リペアスキル講座(リペアスクール)を卒業して3年目になります。

お客様から強い要望とニーズがあり調べたところリペア業というものがあることを知りました。今まで全く知らないことだらけだったので、新しい発見と可能性が非常によくわかりました。

収入に関しては毎年どんどん上がっています。今後リペア技術がさらに上がれば収入も上がると実感しています。

私はこの講座を受講する前から自営の補修業を5年ほどしていましたが人工の仕事がほとんどでした。価格競争が激しくなって売り上げも減少傾向になり廃業も考えていたとき、偶然この講座の説明会のサイトを発見し、すぐ説明会に参加しました。

受講してからは、毎日高い技術を教わり帰宅しても練習を繰り返す毎日でした。

今では月の売り上げも7桁を超えるようになり心にも余裕が持てるようになりました。受講して本当に良かったと思います。

私の現在の仕事はリフォーム関連と原状回復の仕事が多く、古くなったものを新しいものに変更するのではなく直しながら長く使っていくことに魅力を感じそれを仕事にできたらいいと思ったのが、受講したキッカケです。

効率よく最短で技術を習得できるので、受講してよかったと思います。

リペアスクールは他にもありましたが、最短で効率よく技術を習得したいのならこちらの講座が最適だと思います。

私たちが身をおく建設業界は「低賃金」&「長時間労働」が当たり前の業界です。
職人ひとりあたりの収入は、全国的にみても15,000〜18,000円/日程度が平均的だと言われています。そしてそれが月収を形成するいわゆる日給月給と呼ばれる収益形態です。
もちろん継続的に仕事が続かなければ、安定した収入を得ることもできません。

しかし、同じ職人であっても『リペア』という分野は特殊です。
リペア分野の労働単価は、建設分野の職人と比べ、なんと3倍以上にまで膨れ上がるのです

例えば、フローリングの補修などでは、たった一時間の労働で30,000円もの補修料金を得ることが可能です。
そして驚くべきことは利益率の高さです。材料費等の経費を抜いた利益率はなんと90%以上

つまり、職人の価値を最大限に高め、職人の技術に対する正当な対価を得ることができる。それがこのリペア技法なのです。

また近年では、顧客意識の向上によりエンドユーザーからダイレクトにリペアの依頼をいただくことが増えています。しかしながら、ある一定の技法を要したリペア職人が不足しているという現状があります。

つまり、自社である一定の技法を要したリペア職人を保有、もしくは自らその技法を習得することで、エンドユーザーから直接多くの仕事を受注し、御社の売上を今の2倍、3倍へと増やすことが可能なのです。
私たちが身をおく建設業界は「低賃金」&「長時間労働」が当たり前の業界です。
職人ひとりあたりの収入は、全国的にみても15,000〜18,000円/日程度が平均的だと言われています。そしてそれが月収を形成するいわゆる日給月給と呼ばれる収益形態です。
もちろん継続的に仕事が続かなければ、安定した収入を得ることもできません。

しかし、同じ職人であっても『リペア』という分野は特殊です。
リペア分野の労働単価は、建設分野の職人と比べ、なんと3倍以上にまで膨れ上がるのです

例えば、フローリングの補修などでは、たった一時間の労働で30,000円もの補修料金を得ることが可能です。
そして驚くべきことは利益率の高さです。材料費等の経費を抜いた利益率はなんと90%以上

つまり、職人の価値を最大限に高め、職人の技術に対する正当な対価を得ることができる。それがこのリペア技法なのです。

また近年では、顧客意識の向上によりエンドユーザーからダイレクトにリペアの依頼をいただくことが増えています。しかしながら、ある一定の技法を要したリペア職人が不足しているという現状があります。

つまり、自社である一定の技法を要したリペア職人を保有、もしくは自らその技法を習得することで、エンドユーザーから直接多くの仕事を受注し、御社の売上を今の2倍、3倍へと増やすことが可能なのです。

ART BRAINS 代表の加賀原光太朗です。

ご挨拶が遅くなり申し訳ございません。
私は加賀原光太朗と申します。
埼玉で有限会社アートブレーンズという会社の代表をしております。

元々はクロス職人として働いておりましたが、「低賃金」&「長時間労働」で、心も体も疲弊し多額の借金も抱え、先が見えない中で悩んでおりました。

リペアと出会い 労働単価が3倍にアップ。

そんな時にリペアという分野に出会い、師匠からその技術を伝授していただき、実践してみたところ、クロス職人の時とくらべて労働単価が3倍にもアップしました。

労働時間が短いにも関わらず収入が格段に増えることで、それまでの「低賃金」「長時間労働」という悩みを解決することができました。

今では重要文化財の補修や、大手建設会社の引き渡し前のリペア、有名芸能人の豪邸の修理など、多くのクライアントから継続して安定した仕事を頂いております。

自分の手法を確立した後は、厚生労働省認可企業として基金訓練を実施しリペア技術を世に広める活動をしてきました。

希少性の高いリペア技法を余すところなく伝授します。

私が伝授する新10種類のリペアスキル技法は、あらゆる傷の補修ができてしまう魔法のようなスキルです。この魔法のようなリペアスキルを9ヶ月間の講習でマスターしていきます。

この新10種類のリペアスキル技法は、他のリペアスクールでは教えられません。
何故言い切れるのか?実はいくらリペアが上手になったとしても、それだけでは足りないのです。

何が足りないのか・・・知りたいですか?それは、マインドセットが必要不可欠だということ。

マインドセットがないと思う様な結果が出ません。そこをしっかり理解できていないと折角リペアが忙しくなっても時間に追われてしまいます。
いかに『価値提供のリペアを展開できるか』です。

この新10種類のリペアスキル技法を習得して、マインドセットも十分に理解し、実践している方は、個人差はあるものの、卒業後3年から5年で、月収100万円を超えていきます。

希少性の高い あらゆる傷が補修できてしまう 魔法のようなリペアスキル技法を習得して、時間にもお金にも余裕がある人生を手に入れてください。

動画再生

<現受講生代表インタビュー>

瀬沼さん

どんな仕事をしてきましたか?

自動車板金塗装の仕事を20年ほどやっていました。身体を壊してその仕事は続けられなくなってしまい、その後は人との縁のおかげでITベンチャー企業で主にサーバー系のプログラマーとして3年ほど、その後は店舗系の家具を作っていた制作会社で3年ほど家具の制作をして、現在は塗装会社で塗装の仕事をしています。

リペアに興味を持ったきっかけは?

渋谷のスクランブルスクエアービルのC工事で仕事をしていたときにリペア屋さんが入って仕事をしていました。時間も9時過ぎに来て2時間くらいの仕事だったのですが、元請けの監督の対応が我々とは全く違いまして、超丁寧な扱いだったのでこの時にこの特別扱いは何なんだろうと、どんな仕事なんだろうみたいな。まあ、そういうところから調べるとリペアという仕事があること、これまでやってきた仕事柄こういうことが好きなので、その内容を知りたいと色々調べたりしていました。

リペアスキル講座(リペアスクール)に関して

そんなある日、ネット広告にリペアに関する広告があることに気がつきまして、その広告を見たのがきっかけで加賀原さんの動画に出会いました。私は分野は違いますが修理業や制作業を長年やってきた経験からそこに確かな技術を感じないと心が動かないのですが、動画を見たときにその技術の高さに心が惹かれました。そして縁がありリペアを習うならば「この人に習いたい」という想いがありました。

リペアスキル講座(リペアスクール)の何が凄い?

まず、確かな技術を持っていて、それを現役で第一線で活躍している人から学べる。技やコツを学べるのは一番の近道ですしそれが叶います。講習のカリキュラムにもあるのですが、実際の生の現場に同行して立ち会う機会を積極的に作ってくれるようになっていまして、練習教材と実際のリペアとの差や、この仕事をしているときの臨場感を体験できる。技術だけではなく、仕事としてやっていくときに必要なそういうリアルな体験ができるカリキュラムがあるのがここにしかないんじゃないのかなと思っています。

これから期待すること

現在まだスクール講座受講中なのですが、難しいとされている木目の描き方、色調の仕方などこれまで見当もつかなかったその補修方法や、やり方などがわかってきました。特に強調されていることの一つにマインドセット、考え方の違いがあります。技術系の経験がある人ならわかりやすいと思いますが、このマインドセットの違いが同じ仕事をしていても、その結果、つまり自分自身の仕事の立ち位置や収入が全く変わるということがわかってきます。なのでこのマインドセットの学びが高い技術力並みに大事なんだなということがわかってきました。

受講を検討されている方にメッセージをお願いします

興味を持って検討されている皆さん、正直言います。この技術を身につけるのは簡単ではありません。今の仕事を続けながら、学生の時のようにいっぱい練習、休みの時も練習、身につくまで練習、そういう覚悟が必要です。現場で毎日仕事をしながら身につけるのではないですから、限られた講習時間の中で高い技術力を身につけるにはこの努力は必須だと思います。でもこれまで技術系の仕事で生きてきたからこそ言えることなんですが、ここで学べる技術は一流です。高い技術のところで学ぶと、とにかく始めはめちゃくちゃ大変です。ですが、やがてその高い基準が、その人の基準になります。そして技術を身につけるのが難しいからこそ、他の人には簡単には真似できません。その当たり前の高い技術力を身につけて現場に同行するとわかってくるのですが、お客様に感動と共に感謝されながら報酬を頂けて、業界基準より遥かに高い報酬を稼ぐことができる。そんな可能性を学べるのは他にはないのではないかと思っています。

リペアリフォームスペシャリスト育成講座5月スタート募集定員は

4名のみ

と、させていただきます。

詳細を御希望の方は、公式LINEをともだち追加のうえ

『 詳細希望 』

と、メッセージを送ってください。

QRコードを読み取って
公式LINEをともだち追加

<運営企業>

〒338-0826 埼玉県さいたま市桜区大久保領家659-34

<募集要項>

リペアリフォームスペシャリスト育成講座5月スタート受講生募集(リペアスクール)

4名

公式LINEへ「詳細希望」とメッセージを送信してください

お電話及び面談

有り

公式LINEで随時告知いたします

公式LINEにてお知らせいたします

リペアリフォームスペシャリスト
育成講座5月スタート募集定員は

4名のみ

と、させていただきます。

詳細を御希望の方は、
公式LINEをともだち追加のうえ

『 詳細希望 』

と、メッセージを送ってください。

QRコードを読み取って
公式LINEをともだち追加

<運営企業>

〒338-0826
埼玉県さいたま市桜区大久保領家659-34

<募集要項>

リペアリフォームスペシャリスト育成講座5月スタート受講生募集(リペアスクール)

4名

公式LINEへ「詳細希望」とメッセージを送信してください

お電話及び面談

有り

公式LINEで随時告知いたします

公式LINEにてお知らせいたします

© 新10種類のリペアスキル技法講座