ブログ

ドアの傷の種類と原因とは?玄関ドアの修理を検討中の方へ!2021.11.14

「玄関ドアの修理工事について知りたい」「玄関ドアの傷の種類について知りたい」
このようにお悩みの方必見です。
今回は、玄関ドアの傷の種類や補修工事について紹介します。
ドア 凹み傷
 

□玄関ドアの傷の種類とは

 
玄関ドアの傷にはいくつかの種類があります。
金属製のドアや木製のドアによっても、傷の種類が異なります。
 
1つ目は、擦り傷です。
室内ドアにつきやすい傷です。
 
家具や電化製品を移動させる際は特に注意が必要です。
室内ドアのストッパーを利用して、擦り傷を作らないようにしましょう。
 
2つ目は、引っ掻き傷です。
これが、犬や猫などの動物を飼っている家庭で起こりやすいです。
 
犬や猫は引っ搔くだけでなく、かじることもあるので注意しましょう。
傷がつかないようにする対策としては、プラスチック製の段ボールやマットをドアに張り付けることが挙げられます。
 
また、ドアや壁をかじったり、引っ掻いたりしないように別のおもちゃを用意してあげるようにしましょう。
 
3つ目は、へこみ傷です。
何か強い衝撃が加わった際に起こる傷です。
 
玄関ドアではめったにつかない傷ですが、室内ドアではモノをぶつけることでできてしまいます。
 
ひどい場合には、ひび割れすることもあるので注意しましょう。
 
4つ目は、抉れた(えぐれた)傷です。
木製のドアにつきやすいですが、金属製のドアにもつくことがあります。
 
この傷は、深い傷になりやすく、塗料が剥がれることもあります。
目立つ傷であり、修理に時間がかかるので早急に対処してもらいましょう。
 

□玄関ドアの修理とは

 
玄関ドアに傷やへこみができてしまった場合は、修理会社の方に依頼しましょう。
 
修理専門の方は、傷があった場所を傷があったのか分からないほどきれいに修理してくれます。
また、損傷部分のみを修理するので、自分たちの予算に合った費用で修理できます。
 
ドア全体を交換するよりも費用を抑えてきれいになるのでおすすめです。
 
玄関ドアの傷やへこみだけでなく、経年劣化が見られる場合も修理会社に相談しましょう。
自分たちでは分からない傷や汚れがあるので、専門の方点検してもらい、長く住み続けられる家づくりを行いましょう。
 

□まとめ

 
今回は、玄関ドアの傷の種類や補修工事について紹介しました。
傷にはいくつかの種類があるので、自分では直せないことが多くあります。
専門の方に修理を依頼することで、新品のようにきれいな玄関ドアになります。
玄関ドアの傷に関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。