ブログ

リペアに興味をお持ちの皆さん!リペアの種類について解説します!2021.02.02

皆さんは住宅のリペア職人と呼ばれる方を知っていますか。
求人募集や広告で見聞きしてなんとなく知っているという方も多くいらっしゃると思います。
今回は、リペアの種類とリペア職人について紹介します。

□リペアスキル技法を紹介!

リペアとは、住宅の内装や家具についた傷や凹みを補修する技術のことを指します。
これはリペアを施す素材やダメージの程度によっていくつかの技法が使い分けられます。

ここからはそのリペアスキル技法についていくつか紹介します。

まず、「フローリングリペア」と呼ばれる技法です。
これは、文字通りフローリングの床についた傷や凹みを補修することを指します。
また、家でペットを飼っている方はペットがおもらしをしてフローリングがシミになっている場合もあるでしょう。
こういった場合もリペアで補修が可能です。

次に、扉や建具の穴を補修する「扉・建具穴リペア」について紹介します。
これは単色ポリ合板と呼ばれる素材のリペアや、木目ありの合板といったもののリペアです。

また、「木部調色吹き付けリペア」と呼ばれる技法では、木の家具やカウンターといった木材の風合いに違和感のないように吹き付け塗装を行います。

「サッシリペア」では、サッシや門扉、窓枠といったアルミ素材でできた箇所のリペアが可能です。
こちらの技法がアルミの艶感などを合わせる仕上げが重要になるため、より高い技術が必要です。

次に、「天然石・人工大理石リペア」です。
これは、住宅の中で石でできている部分を補修するための技法です。
人工大理石や天然石は衝撃によって欠けたりえぐれたりする場合があります。
このような場合にはリペアで補修が可能です。

最後に、「壁の穴リペア」を紹介します。
これは壁のクロスに穴が空いた場合のリペア技法です。
クロス職人も行うことができますが、リペア職人でも対応可能ですので、相談しても良いかもしれません。

□リペア職人(リペアリフォームスペシャリスト)について解説!

リペアリフォームスペシャリストとは、基本的には9ヶ月の講座を受けて修了試験に合格した数少ない希少な存在で、あらゆる内装の傷を補修する技術を習得された方です。
細かい傷や凹みも綺麗に元どうりに仕上げることができます。

補修が可能なものとしては、木製だけでなくアルミサッシ、人工大理石、天然石、陶器など様々なものがあります。
幅広い素材のものを補修して元の状態まで戻す仕事ですので、奥が深く、技術を高めるほどできる仕事が増える職業でもあります。

□まとめ

リペアとは住宅の中にある傷や凹みといった細かい内装のダメージを補修する仕事です。
傷や凹みでお悩みの方はぜひ依頼を検討されてはいかがでしょうか。

□リペアリフォームスペシャリスト育成講座

プロのリペア職人になりたい方は、下記の体験談をご覧ください。

リペアリフォームスペシャリスト育成講座(リペアスクール)