ブログ

賃貸マンションにお住まいですか?部分補修について解説します!2021.01.10

賃貸マンションに住んでいるけれど、家の一部が壊れてしまったとお悩みではありませんか。
実は家の一部が壊れても、部分補修で壊れた部分だけを直せますので、一部分のために家全体をリフォームする時間と費用はかかりません。
今回は賃貸マンションの部分補修に関して解説します。

□部分補修で原状回復とは何か

原状回復という言葉はある理由により状態が変化したものを、前の状態に戻すという意味合いで使用されました。
しかし、賃貸の原状回復は賃貸のユーザーが汚したり壊したりした壁紙や床などを、元の状態に戻すことを指します。
ですので、自然に起こる劣化は補修せずにそのまま管理者に受け渡すのが一般的です。

また、賃貸物件のユーザーには借用した物件を原状回復して、管理者に返す義務が課せられる場合がほとんどです。
ここでの現状回復の定義が通常の使用方法では起こりえない汚れや破損を修復することです。
自身でする部位は主に部屋の中側で、外壁やベランダは会社側が負担することが多いです。
現状回復の定義にははっきりしない箇所もあり、解釈も会社によって変わるので、一概には言えないでしょう。

□リフォームするメリット

では、リフォームのメリットは何でしょうか。

1つ目が引っ越し期間がない、または少ないことです。
建て替えの場合は、工事期間の間は引っ越しする必要があります。
全面リフォームの場合は、リフォームの間に家具の移動などはあるものの、家を留守にしている間に工事を施工できる場合は居住しながら行えます。

2つ目は限られた予算内でできることが多くなり、施工内容の選択が増えることです。
建て替えは全てを取り壊すのでその分費用が多くなりますが、リフォームは必要な所のみ手を付けるので、少ない予算でいろいろな場所を工事できます。
例を挙げると水回り、フローリングと壁紙のみといったことも可能なので、特に劣化した場所だけを選ぶと良いでしょう。

3つ目は先ほどの説明したように施工を部分的に行えるので、費用もかなり低く抑えられます。
また、1つ目の仮住まいが必要でないケースもあるので、引っ越しに伴う費用も削減できるでしょう。

□まとめ

今回は賃貸住宅の部屋の一部が壊れた場合の対処法として部分補修を紹介しました。
もしも、不慮の事故で部屋が汚れたり壊れても、部屋全体をリフォームせずに一部分のみ補修できるので費用的には抑えられて安心できるでしょう。
皆さんも壊れた箇所や汚れた箇所は部分補修を検討してはどうでしょうか。

当社では家や家具のリペア技術を会得して、独立開業を目指す方のために講座を開いております。
確かな技術を身に着けることで高収入を目指せます。
興味がある方は下のリンクからアクセスしてみてください。
http://www.artbrains.jp/how/