ブログ

床の補修をお考えですか?リペアリフォームについて解説します!2021.02.02

床をリフォームしたいけれど、どのように選ぶのかがわからないとお悩みの方はいませんか。
床のリフォームは聞かないかもしれませんが、メリットもあります。
また、床の種類には意外と種類があるので、迷う場合もあるでしょう。
今回は床をリフォームするときのポイントと、床リフォームのメリットを紹介します。

□床をリフォームするときに知っておくべきポイント

床を張り替えるときには素材、色、張り方、機能、費用の5つの視点から考えると良いでしょう。

素材は上を歩いた時の肌触りや柔らかさに影響します。
自然な雰囲気にしたい方はフローリング、おしゃれにしたい方はタイル風や石の床風の柄、カーペットはクッション性があって柔らかい肌触りになります。

色は部屋の印象を左右します。
明るい色は清潔感があるような印象で、暗い場合は大人っぽい印象を与えるでしょう。

次に床の張り方です。
これは意外かもしれませんが、張り方で完成後の印象が変わってきます。
いろいろな種類があるので、あらかじめ決めておくのが良いでしょう。

4つ目が機能です。
床の中には防水、防音、高耐久性、ハウスダストの防止などの効果を持つものが存在します。
これらの選び方は、使用する部位によって変えるのも良いでしょう。
例えば、キッチンなどの水回りの床には防水機能がある物を使用するなどです。

最後に費用です。
費用は素材や機能、張り方や面積によって大きく変わりますが、リビングをフローリングに変更するので約10万から10数万必要で、だいたい20万円ほどが相場です。

□床をリフォームする利点

では、お金をかけて床をリフォームする利点は何でしょうか。

1つ目は部屋の雰囲気を一新でき、新鮮な気分になることです。
床が占める面積は大きいので、イメージチェンジの効果は大きいです。

2つ目は機能性がある床を選ぶことで、新しい機能を付与できることです。
防水機能が付いている場合は、万が一お茶やジュースをこぼしても染み込みにくくなりますし、周りの音がうるさいと感じる人ならば防音性があるものを選ぶといいでしょう。
このように、機能がある床を選ぶと快適な暮らしができます。

□まとめ

今回は床をリフォームするときのポイントと、床リフォームのメリットを紹介しました。
床をリフォームすると部屋の雰囲気が変化するだけでなく、部屋に新たな機能が追加されるのも良いですよね。
いろいろなパターンがあるので、選んでいるだけでも楽しくなるでしょう。
皆さんも床のリフォームを検討してはどうでしょうか。

当社では家や家具のリペアの技術を会得して、独立開業を目指す方のために講座を開いております。
確かな技術を身に着けることで高収入を目指せます。
興味がある方は下のリンクからアクセスしてみてください。
http://www.artbrains.jp/how/