ブログ

フローリングの補修方法とは?リペア業者がやり方をご説明いたします!2020.12.02

フローリングの傷は目立ちやすく、お困りの方も多いのではないでしょうか。
市販の補修キットでは、上手に補修できなかったり逆に傷が目立つようになったりすることもあります。
傷を上手に直すためには、補修の基礎知識を知っておくことが重要です。
今回は、フローリングの補修のやり方をリペア業者がご紹介します。

□フローリングの傷ができたらどうする?

生活の中で、床にものを落としたり、家具の搬入をしたりしてフローリングに傷がつくことはよくありますよね。
その場合、フローリングの修復は可能ですが、適切な修復方法を見極めるためにはフローリングの種類を確認する必要があります。
また、補修の際に色を塗る場合は、色を調合して木目に合わせて塗る技術が必要です。
もちろん個人での修復も可能な場合もありますが、結果的にプロに依頼をしたほうが良い場合もありますので、

フローリング自体の張り替えを避けるためにも、リペア業者に依頼することを検討しましょう。
また、傷がついた場合は、早めに補修することをおすすめします。
なぜなら、一度表面の塗膜が剥がれると、その部分の劣化が早くなるからです。
そして、劣化が広がると、個人での修復は難しくなるでしょう。

□傷を補修する方法とは?

ここでは、フローリングにできた傷を補修する方法をいくつかご紹介します。

*浅い傷への対処法

傷の深さや種類によっても変わりますが、表面だけの問題であればワックスで傷を隠すことが可能です。

ただこちらの場合では変色には対応できないので、色がかわってしまっている場合は注意が必要です。

*凹み傷への対処法

深い凹みは、ささくれを引き起こしたりひび割れにつながったりするため、早急に補修することをおすすめします。
補修箇所をナイロンパッドで軽く擦り、傷を埋める透明の補修用スティックを、ガスごてで盛り上がるまで流し込むことで対応をしていきます。

深い傷への対処法

深い傷の場合は表面から見えない損傷があるかもしれないため、特に早急な補修が求められます。
ご自身での補修が可能なこともありますが、内部に損傷がある可能性を考慮して、プロに相談・依頼していただくことをおすすめします。
補修する場合はまずささくれを切り取ったり、整え、傷を埋めるリペア用のスティック樹脂を、ガスごてで溶かしながら、数種類の色を混ぜます。

その後、ガスごてで溶かしながら、盛り上がるまで流し込み、ドライヤーでしっかりと乾かし、整え、表面の状態などを確認して問題がなければ完成となります。

□まとめ

フローリングの傷を補修するやり方をご紹介しました。
フローリングや傷の種類を理解した上で、どの方法が適切かを判断してみてください。